親子関係

氣・龍神タロット公式認定リーダー

 

宙を奏でる点描曼荼羅画講師

(マスターセカンドプラクティショナー)

曽我 佳寿子です

 

名古屋から快速で1駅の一宮(市民病院近く)で看板猫と暮らしています

ブログ用のカードを引くときに

今必要なことが届きますようにと思って引きます

でも今日は最初から「親」と浮かんできて

 

 

先日のコミュニケーションを中心とした心理学の勉強会で

「親ってなんなんでしょうね」

というお題があったのでその影響かな

 

 

私は機能不全の家庭に育ちました

機能不全といってもいろんなレベルがありますが、今思えばそう深刻な部類には入らないのかもしれません

それでもそんな関係性しか知らず世の中にでて苦労したのは確かです

 

きっとみなさんも大なり小なりあるでしょう

親は絶対の存在

誰もがここが最初の始まり

だって赤ちゃんは自分ひとりじゃなにもできないんですもの

 

自我が目覚め

周囲と自分の違いに気づき

恨むひともいるでしょう

苦痛に感じる人

疎ましく感じる人

愛を重たく感じる人

 

 

私は7年前に父を亡くし

去年母を亡くし

もう気持ちを向ける相手がいなくなってしまいました

 

それでも握り締めている様々な感情が今もあります

でもそれらは年齢とともに変化して

今はこの3枚のカードの境地です

 

あの親がいたから私は多くの気づきを得

沢山の経験という宝を得

それを今タロットや曼荼羅という形で還元しています

 

複雑な思いを抱えているであろうあなた

あなたにもきっとそう思えるときがくるでしょう

それまで、カードを通してサポートさせていただきたいと思います